マイクラでドット絵を作れる!設計図生成サイトをご紹介

ゲーム

マイクラ(Minecraft)のブロックでドット絵を描いてみたいと思ったことはありませんか?

ドット絵のようにブロックを置いていくことで、写真や絵を再現することができます。

一見普通の写真のように見えますが、実はこれマイクラでブロックを1個1個置いて行ってできた絵なんです。

一方、マイクラ内のアイテム「地図」を使うことで、こんな表現の仕方も。

地上に絵を描くことができれば、地図で描画することでパンフレットのようなものがMOD無しで作れてしまうわけです。

しかし、たくさんの種類のブロックの色などを考えながら配置していくのは難しい、、、。

そもそも、どの素材をどのくらい集めればどの程度のドット絵ができるのか、パッと頭に思い浮かばないですよね。

そんな人向けに、写真や画像をマイクラのブロックの絵として変換してくれるツールがあるので、それをご紹介します!

写真をマイクラのブロックで再現してくれるツール

こちらの、Minecraft Block Art Generatorというサイトで写真や画像をマイクラのブロックに置き換え、設計図を生成してくれます。

Qiitaというサイトで、このアプリの製作者さんが技術などのサイトの裏側を紹介していますので、興味ある方は是非読んでみてください。

マイクラ本家かと見間違うようなこのサイト、こだわりがあって良いですね。

使い方はサイトに書いてある通りです。

写真を選択 → 再現するドット数を選択 → 使うブロックを選択 → 変換

という流れです。

使うブロックを限定できるのは便利ですね。

もしマイクラをサバイバルモードでやっているとしたら、かなり重宝する機能です。

試しに、このキリンの画像をマイクラのブロックに変換してみましょう。

フリー画像です

サイズは最大の256、ブロックも全種類使用可にしてみます。

変換し終えたら、CSVファイルと画像ファイルがダウンロードできるようになります。

256ブロックはだいぶ細かいですね。再現するのには時間がかかりそうです。

CSVファイルには、1ブロックごとに何のブロックを使っているのかを書いてくれています。

Excelなどで処理すれば、何のブロックが何個必要なのかがすぐ分かりそうですね。

あとはこれを見ながら、マイクラでブロックを置いていきましょう!

こんなすごいドット絵もマイクラで再現されてるぞ!

このサイトを使ったかどうかは分かりませんが、マイクラでドット絵を描いた作品をいくつか紹介します!

画質良すぎてもはや1個1個のブロックで再現しているとは思えない、、、。

4年以上かけて作られた超大作、凄まじいですね。

ちなみにこの方は、作り上げる様子をニコニコ動画で配信しているので、見に行ってみてはいかがでしょうか。

続いてこちら。

シンプルながら、かなり再現度が高いですね。

こういうマップで何かゲームして遊んでみたいですねぇ。

さらに地形を再現したりして、色々と楽しいことができそうです。

続いてこちら。

ちょっと意味がわからない。

ブロックで一枚絵を作るならまだしも、1コマずつ作ってアニメーションにしようとする発想が出てこないですね。

こちらも高画質でマイクラとは思えない。。。

一体のどのくらい時間と労力をかけたのでしょうか、想像できません。

まとめ:ツールでマイクラの設計図を入手、あとはひたすら置くだけ!

さて、写真や画像をマイクラのブロックで再現してくれるツールを紹介してきました。

あとはマイクラを起動してひたすら置きまくりましょう!

まずはクリエイティブモードでやってみると良いかもしれませんね。

サバイバルモードで完成したときの達成感を味わうのも一興、好きに再現してみてください!

以上、マイクラでドット絵を作れるようになる、設計図生成サイトの紹介でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました