Macで無料で簡単にドット絵を作成できるツール【初心者必見】

ドット絵制作

Macで無料でかつ簡単にドット絵を作成する方法を紹介します!

Macにはドット絵を描くための専用のツールがあるんです。

App Storeで配信されている「Pixel Studio for pixel art」というアプリを使います。

他にもドット絵が描けるツール・ソフトを紹介しています。

ブラウザ上で手軽にドット絵が描けるサイト「Piskel」↓

いちいちソフトをインストールする必要がないので、手軽にかつ簡単にドット絵を描きたいという方におすすめです。

Mac・Windowsどちらでも使える、機能豊富なペイントツール「Firealpaca」↓

ドット絵以外も描けますし、機能も豊富です!

是非これらのツールも試してみてください。

ドット絵に特化したペイントツール「Pixel Studio for pixel art」

さて、本題です。

「Pixel Studio for pixel art」のインストール方法から、ドット絵の描き方まで説明していきます。

(筆者のドット絵が下手くそなのは触れないでね。)

まず、App Storeで「Pixel Studio」と検索し、「Pixel Studio for pixel art」をインストールしてください。

Pixel Studio for pixel art – App Store

「Pixel Studio」という1,800円のアプリがありますが、そちらではないので注意してください。

インストールできたら早速使ってみましょう!

画面比とキャンバスの設定

まずは編集画面の画面比を選択します。(*ここはまだキャンバスの大きさではありません*

強制的に全画面表示されるし、画質を落とす意味も特に無いので、一番大きい「2880×1800」を選びましょう。

選んだら「Play!」で次へ。

ここまでゲームの設定みたいですね笑

新規作成からの

キャンバスのサイズを決めましょう。

背景色を透明にしておけば、画像として出力した時に背景透過で保存できます。

それではメインのドット絵作成をしていきましょう!

簡単!ドット絵作成の基本

色々と機能がありますが、基本的なものだけ紹介していきます。

1. 色の選択

①のパレットのアイコンで色を指定できます。

よく使う色なんかは、上のパレッドに登録しておきすぐに選択することもできます!

2. ドットを打つ

②の鉛筆のアイコンでドットを打てます。

3. 色を抽出する

③のスポイトのアイコンで、すでに塗ってある色を抽出できます。

パレットに色を登録し忘れた!って時に便利ですね。

4. 色を消す

④の消しゴムのアイコンで色を消せます。

5. 色を塗りつぶす

⑤のバケツのアイコンで、同色の範囲内を一気に塗りつぶせます。

6. 一つ戻る

⑥の戻るアイコンで、一つ前の作業に戻れます。

このアプリの仕様上、Command + Zのコマンドによって戻ることができないので、この機能を使いましょう。

7. 保存・画像出力

⑦の3本線のアイコンで、メニューウィンドウを開けます。

編集データの保存や画像の出力、アプリを閉じることなどはここでできます。

PSPファイルが編集データです。

サイズを大きくして画像を出力しようとしても、ちゃんとぼやけずに出力してくれます。

いかがでしたか?

ドット絵専用のアプリケーションというだけあって、ドット絵に関する機能は豊富でしたね!

これからドット絵専門で描いていきたいという方には、非常に使いやすいと思います!

まとめ:ドット絵初心者にもおすすめできるMacアプリ「Pixel Studio for pixel art」

以上、Macで無料でかつ簡単にドット絵が作成できるツールを紹介しました!

「Pixel Studio for pixel art」を使って、たくさんドット絵を描きましょう!

冒頭でも紹介したように、他にもドット絵を描けるツールを紹介しているので、色々試してみて自分に合うツールを見つけてみてください。

操作も直感的でわかりやすく、ドット絵を専門に描いていきたいのであれば、かなりおすすめです!

それでは、良いドット絵ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました