Macでドット絵も描けるペイントツール「Firealpaca」の使い方

ドット絵制作

Macで使える「Firealpaca」でドット絵を描く方法を紹介します!

このソフトでは、普通の絵だけでなくドット絵も描けるんです。

インストールからドット絵の出力までを詳しく説明していきます。

ドット絵しか描かないという人でしたら、他にもドット絵専用のアプリがあるので、そちらも使ってみると良いかもしれません。

↓下の記事で紹介しています↓

Macでドット絵も描けるフリーソフト「Firealpaca」

無料でドット絵を描けるツールとして、フリーソフト「Firealpaca」を使う方法を手順を追って説明していきます。

まずはFirealpacaをインストール

↓まずはこちらのサイトからソフトをインストールしてください↓

フリー ペイントツール Firealpaca

このソフトはWindowsでも使えますが、今回はMacユーザ向けの記事なので、Mac版をインストールしてください。

フリー ペイントツール Firealpaca より

インストールできたら、Zipを解凍してアプリを開きましょう。

キャンバス(ドットの細かさ)の設定

アプリを開くと、はじめはキャンバスが無い状態になっています。

上のメニューバーの「ファイル」>「新規作成」からキャンバスを設定します。

すると、キャンバスの設定するウィンドウが出てきます。

主に設定すべきものは、下の画像の赤枠で囲った部分の「幅」「高さ」「背景色」です。

とりあえず今回は16×16ピクセルで描いていきます。

慣れてきて「もっと細かいドット絵が描きたい!」となったら、どんどんピクセルを大きくすると良いと思います。

背景色は「透明」にしておくと、描いたものを画像として出力するときに、背景を透明にしたまま出力できます。

ドット絵を描いてみましょう!

まずは、キャンパスを拡大してドットが見やすいようにしましょう。

基本的な動作である「ドットを打つ」「色を指定する(ドットを消す)」「色を塗りつぶす」方法を説明します。

1. ドットを打つ

左のツールバーの四角が3つ斜めに並んでいるようなアイコンがドットを打つツールです。

通常の鉛筆ツールと違うのは、しっかりとドット1ピクセルごとに色を塗れるところです。

2. 色の指定する(ドットを消す)

アイコンのすぐ右に出ているカラーパネルから色を指定します。

ドットを消したい(透明にしたい)時には、②の右側の透明色を指定します。

「ドットを消す」というよりは、「透明色を塗る」という感覚ですね。

消しゴムツールで消してしまうと、アンチエイリアシング(滑らかに描けるシステム)によってうまく消せない場合があるので注意です。

3. 色を塗りつぶす

左のツールバーのバケツのアイコンが、塗りつぶすツールです。

ある色で囲まれた範囲内の全てのドットを一気に塗りつぶせます。

範囲内の輪郭で欠けている部分が無いように注意してください。


ドット絵が完成したら、次に画像を出力していきましょう。

ドット絵を保存・画像として出力する

まずは[Command + S]もしくは、メニューバーの「ファイル」>「保存」で編集データを保存しましょう。

画像として出力する場合には、「ファイル」>「書き出し」からできます。

書き出しを押すと、書き出しの設定ウィンドウがでてきます。

ここで注意すべきなのは、「ファイル形式」は「PNG(透過PNG)」にしましょう。

これを設定しないと、背景が透過されません。

「以下のサイズ内に収めて保存」はチェックを入れなければ、自動的に元の16×16ピクセルで保存されます。

出力した画像がこちら↓

ちゃんと背景透過で出力できましたね。

その他のドット絵制作ツール

Firealpaca以外にも、ドット絵を制作できるソフトやアプリを紹介しているので、ぜひ色々と試してみて、自分に合うツールを見つけてください!

まとめ:「Firealpaca」で無料でドットを作成できるぞ!

MacでもWindowsでも、この「Firealpaca」を使えば、無料でドット絵を作成することができます。

普通の絵もドット絵も描けて一石二鳥のソフトです。

ドット絵を書くだけなら、他にも紹介したソフト・アプリがあるので、ぜひ自分に合うものを試してみてください。

以上、「Firealpaca」の使い方の紹介でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました